nyar’s blog

細密画・ペン画家 安藤光のブログです

MENU

【お知らせ】安藤光 ペン画展 -未分化のかたち-

こんにちは!

10月に個展を開催することになりました。
8月の吉祥寺で開催した個展と作品を入れ替え
線画小作品を中心に30点ほど展示予定です。

 

-未分化のかたち-

まず「分化」とは特定の機能を持つ細胞に変化することを言います。
例えば植物の受精卵が細胞分裂を繰り返して根や葉を形成していく過程などです。最初は何にでもなれる細胞(受精卵)が、それぞれの機能をもった組織へと変化していき、また分化した細胞がその特徴を失った状態にリセットすること「脱分化」といいます。
ちなみに人間を含む動物の細胞は一旦分化するとリセットが難しく脱分化に成功したiPS細胞(2006年京都大学で世界で初めて人工的に作られた細胞)です。「未分化」とは何にでもなれる機能(分化全能性)をもつ細胞がリセットされた状態を言い、植物細胞は人工培養すると増殖して不定形な何にでもなれる状態(未分化)の細胞群ができ、これをカルス(callus)と言います。

 

本展では植物細胞のカルスのような「何にでもなれるが何物でもない」不定形で未分化な状態と、制作中に脳が引き起こす錯覚や潜在意識に抗い、何物でもない不定形であろうとする制作スタイルと重ね、個展タイトルを「未分化のかたち」としました。

ある日、突如ペン画を描き始めてから十数年「自分はいったい何を描いているのか」の答えの一つに迫る展覧会です。
新作を加えた従来の作品の中から「未分化」な要素をもつペン画を中心に展示します。

カルスが持つ「何にでもなれるが何物でもない」特徴のように、作品を通していったん身についた常識や視点(分化)をリセットし、新しい見方や解釈を日常生活の中で発見する一助となることを期待します。

 

展覧会概要

会期:2022年10月8日(土)-10日(月・祝)

開催時間:11:00-19:00(最終日17:00まで)

作家在廊日:期間中全日

会場:Breeze Bronze Home

住所:〒162-0805 東京都新宿区矢来町133-1神楽坂ビル2階

入場料:無料

展覧会の撮影:可

本展は10月8日11時よりオンラインショップでも作品公開致します。


是非遊びに来てください!

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

オンラインショップにて作品集発売中
詳細はこちら↓

nyar125.hatenablog.com

公式LINEアカウントを作りました。
今後はLINEでも展覧会情報を発信していきます。
良かったら友達追加お願いいたします。
個別にお問い合わせなども対応しております。 お気軽にご連絡ください。
■安藤光 公式webサイトはこちら 
各種SNS