nyar’s blog

細密画・ペン画家 安藤光のブログです

MENU

【お知らせ】8月 安藤 光 個展『ドローイング細密画展』開催決定!

こんにちは!
今回は私、安藤光の作品展が決定いたしましたのでお知らせします。
吉祥寺のアートギャラリー絵の具箱さんでの11回目個展になります。

 

 


・展示概要

安藤 光 個展 『ドローイング細密画展2022』
極細ペンでさまざまな図形を描き、

それをペンで一つずつ着色するという
単純な作業の繰り返しで抽象画を制作しています。
制作過程でペンによるインクの擦れで偶発的にできる濃淡や
既存イメージに抗うため、脳内によぎるイメージを遮断するように
無意識的に線を描いていきます。
抽象細密な線描から、
自然界に存在するフラクタル構造のようなものを
抽出できればと考えています。
本展では最新作含む近年制作した細密ペン画作品25点前後を展示・販売予定。

 

■会期
2022年8月2日~8月7日

■時間
13:00~18:00(最終日17:00まで)

■会場
アートギャラリー絵の具箱

■入場料 無料

■在廊日
8月5日(金)、6日(土)、7日(日)

■オンライン展示
個展期間中WEBでも作品ご覧いただけます。

 

・作品集8/2発売!

今回なんと初の作品集も個展開催と同時に発売となります。
会場での販売とオンラインショップでの通販になります。
A4/全62p/フルカラーの結構なボリュームになりました。
お楽しみに!

 

過去個展の展示風景1

過去個展の展示風景2

過去個展出品作品



・安藤光 略歴

安藤光
 大学卒業後、ふと幼少の頃描いていたドローイング(線描画)を思い出し、2009年突如ペン画を制作。
下書きやイメージは無く、ボールペンや万年筆などで無心で緻密な図形を描き続けることにより、意図せず環境や画材の性質で濃淡が現れることに気づき現在の作風に至ります。
偶然性のある表現を身近なペンを使い模索していく中、人の手で線を引く行為は作者の意思により必然ですが、それを膨大な時間繰り返すうちにいつしか人の意識外の領域(限りなく必然が希薄な状態)に達するのではないかと考え制作しています。

1986 福島県福島市
2004 福島県立福島明成高等学校 生物工学科 卒業
2006 専修大学北海道短期大学 農業科学科 卒業
2008 石巻専修大学 理工学部 基礎理学科 卒業
2009 画家活動を始める
2014 福島の若手作家を集めたグループ展 Art connecthion展を主催
※以降15年、16年、18年各1回開催

 

【個展】
2014 無題(銀座画廊 美の起原/銀座)
2012 ドローイング細密画展(アートギャラリー絵の具箱/吉祥寺)
※以降年1回開催

 

【グループ展・公募展】
2017 美の起原展奨励賞受賞展 (美の起原/銀座)
2017 第20回アート・フェス公募展 入選 (三木市立堀光美術館/兵庫)
2017 第23回アートムーブコンクール展 入選(大阪府江之子島文化芸術創造センター/大阪)
2017 第10回プラチナアート大賞展 入選 (日展新会館/東京)
2017 美の起原展 入選作品展 (美の起原/銀座)2015
2014 美術新人賞 デビュー 2015 入選作品展 (フジヰ画廊/銀座)
第2回ふくしま在住作家展(アートスペース羅針盤/京橋)
2013 第7回 プラチナアート大賞展2014 (日展新会館/上野)
2012 美の起原展 入選作品展(美の起原/銀座 ダーウィンの回廊/京都)
2011  ドローイングとは何か 第二回公募入選者展(ギャルリー志門/銀座)
TORONTO ART FES. 2011(LucSculpture/カナダ)
ART POINT Selection ㈸(GALLERY ART POINT/銀座)2010 
【新しい】カオス*ラウンジ【自然】(高橋コレクション日比谷/東京)その他即売会、アートフェス、グループ展多数

 

【賞歴】
2011 ドローイングとは何か 第二回公募 入選
POSTCARD COMPETITION vol.4 海外交流展示会賞
2012 トーキョーワンダーシード2013 入選
2013 第1回 美の起原展 銀賞
2014 第2回 プルミエ公募展 入選
第7回 プラチナアート大賞展2014 佳作
2015 美術新人賞デビュー2015 入選
ポコラート全国公募vol.5 入選
2017 2017美の起原展 奨励賞

 

 

 

 

最新情報は安藤のTwitter 
ハッシュタグ「#ドローイング細密画展」でお知らせしていきます。
ではまた

 

オンラインショップで原画も販売中!!
 公式LINEアカウントを作りました。
今後はLINEでも展覧会情報を発信していきます。
良かったら友達追加お願いいたします。
■安藤光 公式webサイトはこちら 
各種SNS